V・ファーレン長崎 チームドクター帯同見学/2014-11-18

  • 宮本 力
  • 長崎大学 出身
  • 1996年 入局

 久しぶりの投稿です。
今回は長崎大学病院研修1年目の中山宗郎先生と一緒に帯同してきました。

 対戦相手は、みなさんご存じの東京ヴェルディでした。あの三浦カズやラモス、北澤など黄金時代を築いたヴェルディですが、現在20位とJ2降格圏内が迫っており崖っぷちの状態です。一方、長崎はプレーオフ出場のためには、勝つしかなく、お互い負けられない一戦でした。結果は、残念ながら勝ち点1を分けあい、長崎のプレーオフ進出は叶いませんでした。あと残り2試合、2015年シーズンへ向け、最後までがんばってほしいと思います。

 中山宗郎先生のコメントをいただきましたので紹介いたします。
「本日、V・ファーレン長崎のチームドクターに帯同させていただきました。試合前の会場では選手、スタッフの緊張感を肌で感じとることができ、まさにチームがひとつになって試合に望んでいる姿が印象的でした。その中でスタッフの一員として選手のフィジカルやメンタルなど、試合前に確認し最良の状態で試合に送り込んでいくチームドクターの姿を間近で見学させてもらいました。
 試合は残念ながらスコアレスドローでしたが、接触プレーなど、いつもとは違う視点で試合を見ることができ、充実した内容となりました。今回帯同させていただいた宮本先生、許可を頂いたV・ファーレン長崎のチーム関係者の方に御礼申し上げます。ありがとうございました。」