長崎大学骨折治療勉強会/2010-11-23

  • 宮本 俊之
  • 鹿児島大学 出身
  • 1996年 入局

 11月23日に7階のシミュレーション室にて骨折治療勉強会を開催しました。今回で4回目となりますが、参加者は医師12名、看護師(ORP)12名、指導医5名と大盛況でした。

 ワークショップもlag screw, buttress plating, MIPOと3つ行い、実際の器械とソーボーンで実習を行いました。またキャリア室の新兵器である3E analyzerも登場し、済生会病院の崎村先生が持ってきてくれたケースについて、診断から治療法までリアルタイムに参加者の意見を集計し、映し出されるグラフ表示がでてとても好評でした。

 医師からだけでなく、手術場の看護師からの受講者も増え続け、次のワークショップの内容を現在考案中です。